2014年2月14日金曜日

タチェット


引き続きクラシックネタです

「タチェット」と聞いてニヤリとしたアナタは
かなり詳しい人或いはトロンボーン吹きに
違いない

長ーい休符のことで
それがどれくらい長いかというと
1楽章またはそれ以上にわたるお休みの
ことで 弦楽器ではありえない指示

これがトロンボーンの譜面には
頻繁に出てくるという

ブラームスのシンフォニーでは
第1から第3楽章までお休みだもんね

そんなタチェットばかりではつまらん
ということでトロンボーン吹きの
有志たちが作った楽団が
写真の「アンサンブル・タチェット」

こんな楽団が作れるのも
東京ならでは・・・かもしれない


0 件のコメント:

コメントを投稿