2015年2月22日日曜日

若草山


標高わずか342mなれど
古代日本の都の裏山として
別格の地位である若草山

山焼きを終え新緑を迎える準備が
整った山容が清々しい

京都 大文字山の火床と標高ほぼ同じ
上からの絶景も大変良く似ているという
面白い共通点がある


0 件のコメント:

コメントを投稿